2009年02月20日

北方領土

麻生首相、樺太と北方領土のロシア帰属を認める と露メディア

の行政区内にある(北方領土を含む)クリル(千島列島)も、ロシアに帰属していることを 言外に認めた」としている。 また、出入国カードの提出をめぐり、今年1月に日本側の北方四島支援事業が中止さ れた件については、ロシア外務省には日本側の要望を ...(続きを読む)


北方領土

先日 麻生総理がサハリンでロシア大統領と会談北方領土返還について意見交換がされた道民である私達には北方領土問題は気になるところである領土帰属問題、領有権に照らし合わせると、サハリン南部も本来なら日本の領有を主張できる場所でもあるのは事実 ...(続きを読む)


北方領土の解決

個人的には北方領土が日本のものになって欲しいかというとそうでも無いな。 沖縄や北海道が国からの補助金が必要で自活できていないのを見ていると、財政の重荷になるだけような気がしてます。 ま、国は元島民の意向を尊重するのと、日ソ不可侵条約の ...(続きを読む)


北方領土と黒田清隆

ロシアとの経済協力の進展を、懸案の北方領土問題の打開にどうつなげるのか。政府は、ロシアと粘り強く交渉を重ね、北方4島の帰属問題を解決していかねばならない。 麻生首相が、日本の首相として戦後初めてサハリン(樺太)を訪れ、メドベージェフ露 ...(続きを読む)



日露首脳会談:北方領土解決策、露から提案なし−−現地紙が指摘

毎日新聞
【モスクワ大前仁】19日付のロシア紙ベドモスチは、18日の日露首脳会談で、メドベージェフ大統領が「新たな、独創的で型にはまらないアプローチ」による作業を(事務方に)指示したとの日本外務省の説明について、ロシア側から新しい提案はなかったと報じた。 ...(続きを読む)



北方領土と麻生訪ロ 「余計なことした」か「評価できる」か

J-CASTニュース
ここで北方領土問題について、「新たな独創的な型にはまらないアプローチ」でと、交渉加速で一致した。 今回の訪問は、液化天然ガス施設「サハリン2」の稼働記念式出席のため。日本企業も参加した大プロジェクトで、日本の天然ガス需用の7%をカバーできる見込みだ。 ...(続きを読む)



北方4島、帰属確定を=ロ大統領に主張−麻生首相

時事通信
麻生太郎首相は19日午前の衆院予算委員会で、メドベージェフ・ロシア大統領との18日の首脳会談に関し、「(北方領土の4島が)ロシア領か日本領か、その帰属の問題を解決しておかないと、いろんな作業を進めてもあまり意味がない。帰属の問題も同時並行で進めていって ...(続きを読む)






北方領土奪還作戦(2)
商品価格:945円
レビュー平均:4.67


北方領土を面積で折半

北方領土を面積で折半北方領土を面積で折半するという案があるそうですがその場合、国境線はどのあたりになるのでしょうか?国後島内?それとも択捉島内?(続きを読む)


北方領土返還に反対です。

北方領土返還に反対です。日本の税金は北方領土からどれぐらい上がり私の税金がどれぐらい安くなるのですか?税金が安くなるようですと北方領土返還に賛成です。税金が高くなるのなら、北方領土返還に反対です。 北方領土の税収、支出はどれぐらいですか?(続きを読む)


北海道の北方領土って、いつになったら返されるんですか?それ以外にも、日本の色....

北海道の北方領土って、いつになったら返されるんですか?それ以外にも、日本の色々なところで領土を取り合ってますよね。それはどうなっているんですか?何か知っていたら教えて下さい。お願いします。北海道の北方領土って、まだ返されていませんよね。あれは、ロシアといまだに話し合っているんですか?それ以外にも、日本の色々なところで領土を取り合ってますよね。それに最近はニュースでもあまり報道しないので、気になっていました。何か知っている方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。お願いします。(続きを読む)


北方領土問題についてです。日ソ中立条約を結んでいるはずのソ連が参戦したのは原....

北方領土問題についてです。日ソ中立条約を結んでいるはずのソ連が参戦したのは原爆が投下された直後の9日。終戦が15日ですから、日本が敗北寸前である事を見越してでしょう。しかもソ連は、日本が降伏した後も攻め続け、無抵抗の日本人を殺して北方領土を占領したとか。ここまで卑劣だと日本人が怒るのも当たり前のような気がしますが、ロシア人の多くが返還に同意したくない根拠はあるのでしょうか?一般の人はどういう風に教えられているんでしょうか?(続きを読む)



posted by 政治ニュース at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26963792

この記事へのトラックバック